2019年11月10日日曜日

fragments

わたしたちは厳密な全体ではない

かたまりかけた豆腐のひとすくいを ふわっとテーブルのうえに盛りつけたように
部分部分がゆるやかにあわさって ようようひとつの全体として機能してはいるが
あちこちの部品やつなぎめが ほろほろ綻びかけたころあいをみはからって
遊離剤をくわえてばらばらにし
つながりをかるくたもちながらも
それぞれのパーツが自由に漿水のなかを ぷかぷかうかぶ諸島連合にしたところで
わるくなったところを取り除いて あたらしいものを補ったり
つなぎめを補強したり
部分部分を刷毛できれいにおそうじして 生気を注射したり
そのように全体をリフレッシュしてから
ふたたび凝固剤をくわえてかるくかため
うまくつながらないピースは 鋏で切ったり捨てたり
また新たな白紙のピースを補ったり
接着剤で接合したり
そうしてふたたび ひとつのものとして
ゆるくあわさった全体として
機能するなにものか にする。

そんなふうなものとして わたしたちは生きていける。

取り除かれた部分への郷愁もなく惜別もなく
あたらしいものへの感慨もなく歓迎もなく
ジグソーパズルほどにも 厳密でなく
粗忽な鋏で エイヤッと ピース切るええかげんさほどが
ゆるやかに たえず揺れうごいている やわらかさをたもつにふさわしい。

夜中
分解され排泄される部分部分が 大量の細かく薄いかけらになって
ところどころきらきら 記憶の反射光を呼び覚ましながら
さらさらと排気孔へと 流れ落ちてゆくのが聴こえる。
朝方
あたらしく挿入された部分部分が 真白い無関心の顔して
それぞれの場所に ぐつ悪げにおさまり
だんだん馴れて環境に応じて
赤く青くとりどりに だんだらに染まっていくのが 見わたせる。
夜明け
一旋ふと吹く感情のつむじ風に 呼吸器が一寸ふたがれ
ちいさな咳をして ふたたび常のように流れはじめる
血流の音に
みじかい永遠の
そのまた一瞬一瞬を微分した
ごくごく微細な断面のいたみを 思いやる。
それは
なんら 意味ある図形を 描いていない
にもかかわらず/だからこそ
如何ようにも 読みくだせる
抽象的なfigureである。
純にsignifiantな
第一の模様

とりわけ明るい眸をもつ解読者が必要だが
解読されると寿命がちぢむとでもいうのだろうか
野蛮人たる魂は
最も単純な構造をもつ 写真機のまなざしさえ 嫌がって拒むのではあるが。

それでもただに捨てられるばかりの断片を サンプルとしてわずかに謂集し
だましだまし撮影した無数の断片図像を 表層像として定着させ
できあがった無数の膜の断片を ひとつながりのなにものかとして再構築し
細長いテープに編集して リールに巻き取っていく。

さてさて お立ち会い!
どのようなおはなしがみえまするか
わたしたちのささやかな60年を わずか60分のフィルムにしたてあげて
何も語るな
何も読み取るな
ただ瞳を 曝してさえいればよろしい
というのは あまりに傲慢な 監督の態度である。

とりわけ暗い心室をもつ鑑定者が必要だが
鑑定されると かぎりある生命が果てしなく延びるとでもいうのだろうか
文明人たる魂は
最も簡単な操作が可能な映写機の介入さえ よろこんで いちいち だらしなく
身をゆだねるのではあるが。

そりゃ 豆腐よりは
暗闇のなかを一閃 はしりぬける光の波動として
histoireに銘記されるほうがかっこいい。
だけど
わたしたちのほとんどは それほど 重要では ない。
豆腐の蓋然性と
光の蓋然性と
誰もがふたつながら 持ちながら
光のほうは 日々無駄に流産し
ながしつづけているケースがほとんどである。
そりゃ かっこよさが
すべてでは ないけどさ。

 (そこに多声コーラスが入って)
 それでも だれしも
 めちゃくちゃに こんぐりがえった ノイズの 糸玉となって
 宇宙の複眼の 多重露光の いくつかのショットぐらいには
 互いに 捉えあって いるのである
 そして かる がるしい 糸玉どうしが
 もっとかるがるしく
 たぶん かっこよくなくてもいい
 それが しあわせ などとつぶやきながら
 もつれあい こすれあっているのであろう
 そりゃ しあわせだって
 すべてでは ないけどさ。

ふと とった 他人(ひと)の手の あたたかさが
ひとにぎりの つかのまの 妄想へとさそう
Tout とうとつに
ばか笑いしたくなるような

2019年11月9日土曜日

ヘリコプター

「手術」そのものは「戦争」「戦闘」のようなイメージで夢に出てくることが多くて、何かの映画であったように、ガラス張りになった高層ビルの高層階にいると、大きな戦闘ヘリコプターが下からゆっくり浮揚して来て外の中空に現れ、ビルの中にいる人(tarahineたち)と目が合うや、バリバリバリ・・と物凄い音を立てて銃撃して来たり・・(当然ガラスは全て破られ壊されこちらの階は火や炎や煙や爆風や爆音で大混乱に陥るのだけどなぜかtarahineはそれを受けながら生きて全体を眺めていたり・・)。
あとこれは全身麻酔で意識がなかったからありえないんだけど、あとから考えると手術の光景を夢で再現していたのかしらというイメージもあって、(まあ普通に考えれば何度も受けた部分麻酔による手術室の記憶とか、テレビや映画の手術シーンのイメージをつなぎ合わせて作ったものなんだろうけど)、やはり大きな戦闘ヘリコプターが隊を連ねて飛んできて、tarahineの大事にしている庭園の上空にやって来る。ちょうど4機のヘリがtarahineの頭上に輪を成して滞空していて、照明光を放ちながら轟々と音を立ててローターを回転させ、下を威嚇している・・。と、やおら爆撃が始まる。真下にいる者たちはそれこそひとたまりもないはずなのに、夢のなかでは別の場所にあった(藤棚みたいなところをステージとして舞台セットのように建っていた)ガラス張りの温室が、パリーンッと乾いた(むしろ玲瓏な)音を立てて、砕け散るのだ。そして一頻り爆撃が終わると4機のヘリコプターは悠々と空を引き上げていく・・。

2019年11月6日水曜日

夢と絵

その当時の tarahineは、感傷的であること陳腐であること他の女と同様であること、をことのほか憎んでいたので、よく話に聞くように「ばいばいわたしのおっぱい」とか呟きながら手術前に切り取る側の乳房とお別れの儀式をするなんてことは、絶対にぜったいにゼッタイにしたくなかった。(こっそりしていたとしても口が裂けても口外したくなかった。)(・・て、したんかーい!ってツッコミはなしね。)
そのかわり、抑圧された感情や心象が無意識にあらわれたものか、よく夢をみたり、絵を描きたくなったりした。絵を描くと、円や渦巻のモチーフがやたら出てきて、それが穏やかでなく荒々しい色彩や筆致で描かれるのが常であったり、夢のなかでは色とりどりのビーズだったりちいさなお菓子だったりとにかく一粒一粒「ちいさき良きもの」をたくさん入れた箱、袋などがあって、中身をざざーっとこぼされたり、溢れ出させたり、覆されたり、とかしてたかなぁ・・。

2019年10月30日水曜日

初発手術

もちろんtarahineが結婚したわけではない。
初めての(初発のときの)手術の印象を書いたらこんなものが書きあがった。
なんだか「結婚」そのものをごくごく普通に陳腐に記述したものに過ぎないものが出来あがってしまって、tarahine自身は唖然とするばかり。で、現実に結婚したものとさえ思われて「おめでとう」とまで言われる始末。
・・しかし、だとすれば「いやでしょうがない」なんて書くか?
それとも、世間のひとびとはやっぱり「いやでしょうがない」と思いながら「カクゴ」の結婚をするんだろうか?

2019年10月29日火曜日

婚礼

つよくもとめられる
 いやでしょうがない。
つよくもとめられる
 いやでしょうがない。
つよくもとめられる
  もとめられていくのがいちばんだから と
  せけんのひとびとはいう
 いやでしょうがない。
だけど日程はかってにきまる。
婚礼はこのようにとりおこなわれる。

まだひとごとのように現実感のない花嫁は
あおざめて
そこだけがピンクの紅をさしたくちびるが
赤黒い液体をふちまで充たしたワイングラスをまえに
逡巡する。

血はあまいだろうか?
血はねむいだろうか?

こまかい毒の粒子と大つぶの滋養の粒子がきつく縒りあわされた
重たい流れがゆっくりと聖堂の内部を循環している
魚たちはぱくぱくくちをあけていっぺんに呑みこむしかない。
滋養も毒もごそっとくちにはいる。はなからはいる。鰓から全身からはいる
しかない。
ほかに選択肢はない
空テーブルをまえに
浸潤する

1階と2階で完全別居すればいいことなんだから・・・
たった10年がまんすればいいことなんだから・・・
いや5年
1年

1年はほしい。
せめてふたたび外光あびて腕ふりながらあるきたい

なぜわたしにだけ毒はふりかかるの?
なぜわたしがえらばれるの?
なぜわたしをえらんだの?
あっ ちがうんだ
あっちが うんだ

花婿はやせほそった貧相なからだに白い衣装をきて長い顎鬚と長い口髭たらして
テキパキことをすすめて
髪はもうすこし切ったほうがいいね
めがねを新調しといたほうがいい
PowerBookとPHSはかまわないの?

-----知らん顔して入れとくか?
-----ふふふふふふ・・・
-----あっ多い!
-----きょうは写真撮って帰ってくださいね
-----(ジェームズ・コバーンに似ててちょとわたし好みだけど)
-----(そんなこと言うてる場合か!)

とにかくカクゴしといてね。

このグラスはのみほさないといけないの?

きみが美しかろうが醜かろうがそんなことはどうでもよい。
婚礼はとどこおりなくとりおこなわれる
そのことが宇宙の大事

2019年10月24日木曜日

イチゴゼリー

刃のかたがわにゼリーを塗っておくと痛くないのだと
やさしい手術人はいうのである。
つぶつぶのはいったイチゴゼリー。とろとろにながれるほどのカタサの基調のジャムに
真珠ほどのまるさのカプセルのようにとじめのついた紅い透明ぷりぷりつぶゼリーをどっさり配合しました
そのなかにイチゴの種(あるいは罌粟粒)が無数に重なって透けてみえる。
たっぷり取ってかれらの信奉する名人の鍛えしわざもの銘刀ナニガシ真剣白刃の片面に丁寧にぶあつく塗っていくのである。
これで切ると甘いからという。
これで切ると痛みがゼリーにとろけて
ホトンド快感なのだという。
「麻酔のゼリーか?」と問うと、「そのようなものだ」と言葉を濁すのだが
なぜそんな言い方をするのかわからない。
なぜって、妹が管をさしこまれるときに敏感な箇所にはすべて麻酔ゼリーが塗ってあった
というから。苦痛をやわらげるために。なにかからなにかをふせぐために。

静謐な なにかから
押し寄せる なにかを禦ぐために
かれらは深長にぶあつく片側を蔽い隠していく
人工がつくった人工物を組み合わせた模造のウェルメイドのつぶつぶイチゴのゼリーで
人工がつくったいちばん良きものの片面を台無しにして
「血は痛くないよ」
「血は甘いよ」
とつぶやくのである。

それでもひとり。
光るかたがわはのこっている

2019年10月21日月曜日

終わりのヴィルス

なぜ光は点滅するのだろう かげはかげとしてそのまま認識できないのだろう。なぜ
たったいま終わってしまったなにものかを 今まさに始まりつつあるなにかと
取り違えるのだろう。覚悟の欠け落ちた人間は
気づくのがいつも遅すぎる。気づいたころに
終わりは折れ重なってすでに到来していて
時の体内ふかく浸みこみ複製装置を蝕んでいる。ところどころ脱落し
誤って書き換えられたデジタル信号ほどナサケナイものはない。カウンターをこまめにリセットしても
つねにずれを生じるラップタイム。修正しようのないラグ。

除去しようのないバグ。ぞろぞろ這いずりまわるザムザ虫のこらずはぎとってしまわぬかぎり
この寝台にまれびとをむかえることはできない。めりこんだ背後から遊離し寝返りして
わたしを見据えるわたしの鏡像。光学効果をひとひねりくわえて
暗転する 見知らぬひとかげ

ショッピングセンターの柱の四面にぺったり貼りついた水たまりの
かげに予期せずすれちがうとき
わたしは人間の顔をしていない。
とうに時を終えてしまってあてなくはざまにあぶれた怪物の顔をしている。油滴ひとしずくたらして
うつるかげ

最も切実に関係するのに、わたしから最も遠いところでわたしと関係なく執りおこなわれる。わたしは
終わりに立ち会うことはできない。

壁にうずめこまれた死人の肖像画がもっとも人間らしい顔をそなえているのは
かれらが早めに終わりに気づいた聡明なひとびとだったからだ。
終わりをはじまりと勘違いするたびごとに怪物は醜くなる錠剤を一粒ひとつぶ
服用している。くすりが腕のすみずみにまでしみわたってどんより重たい

もちろん奇跡は きちんと端正に死んでいる人びとにしかおとずれないわけだし
奇跡を待ち臨むのもまたあさましい。迂濶きわまりなく
断片化し もうもとにもどせないまで書き込まれてしまった。記憶装置

ぶっこわれたなつかしの記録装置よろしく対向車線に渋滞したくるまの一台からたちのぼる女性性器の俗称の連呼に
あほがとわらいながらすれちがい終わってから そんながきっぽい
世界を構成する欲情の輪環のかたすみに
おなじように鈍くふるえている怪物の楽器もまたわたしのものだということに気づいて
ぞっとする。

確かに共振しているのにことさら誇らしく宣言しなければならない I can't hear you.
漸くたどりついた国境に飛行場の荒漠を支配しながら ざわめく あさましさに立ち会いながら
さて 出立しかねている ヴィルス熱に襲われて

瀉血しないとだめみたい
それとも血を注射する?
それともDNAファイルを差し換える?